カレータウン。
マンハッタンから7番線でクイーンズに向かって、うち(サニーサイド)の先にあるジャクソンハイツ。ここは、サブウェイの駅から離れるとものすごく閑静なアパートの広がる地域なのに、駅の周りは南米・インド・アジアのカルチャーが混じりあった、アメリカを忘れてしまうようなところ。d0025062_24173.jpgその中でも、74St.の駅を降りると気づくのが、カレーの匂い。日本のカレーのにおいとは全然違う、スパイスがいっぱい入っていそうなにおい(笑)。

というわけで、カレーのビュッフェで有名なレストラン、ジャクソン・ダイナーに行ってきました。天井の高い店内で、こっちのインディアンレストランにありがちな隠れ家の感じがなくてよかった。カレーは、やっぱり辛いのが多いけれど、私が気に入ったのは、ヨーグルトがたっぷり入ったマイルドなチキンカレー(写真手前)。もちろんナンもあるんだけど、私はやっぱりカレーライス。そのほかにもお惣菜みたいなのもあるんだけど、これまたカレー味で、あまり食べられなかった。サラダがあればいいのになー。なんて。e3ny.com
[PR]
by e3ny | 2005-05-30 13:45 | レストラン-Restaurants
<< 世界の終わり。 DimSum(点心)。 >>