またもやワシントンDC。
7月4日は独立記念日で3連休だったため、どこへ行こうか考えたのですが、またまたワシントンDCへ舞い戻ってきました。この前、観光ポイントを回りきれなかったので。
d0025062_1215011.jpg
d0025062_9193284.jpg相変わらずきれいな街並み。今回泊まったホテルは、デュポンサークルから徒歩5分ほどの、ビーコン(Beacon)ホテル。最近までガバナーズハウスというホテル名だったそうです。タクシーの運転手さん(NYと違って、街に詳しそうだった)が言ってました。
まず、観光バスツアーを体験。運転手のおじさんが、事細かにDCの名所や歴史を説明してくれます。そして、ここで↓バスを降ります。何があるかと言うと....。
d0025062_9232736.jpg
d0025062_9291482.jpgエイブラハム・リンカーン第16代大統領の記念館で、巨大な大理石像のリンカーンがいらっしゃるのでした。
この後、ジョージタウンを回る観光ツアーバスに乗り換えました。ジョージタウン方面は、DC中心よりもさらにきれいでおしゃれな街。ただきちとため息混じりに、「DC全部が(NYの)パークアベニューだね」と言い合ってました。
ちなみに、このバスで一番おもしろかったのは、マサチューセッツアベニューの大使館通り(リンクをご覧くださいな)。本当に大使館が連なっていて、運転手のおじさんは、「はい、右手にギリシャ大使館、そして左はバハマ大使館、そんでもって右手が俺の前妻の家(ジョーク).....」と、まるでトムキャットの歌のように息もつかず、たくさんの大使館を紹介してくれます。
ところで、モール(広場)では、お祭りが開催されていて、私たちはオマーン展を巡りました。オマーンってOmanというつづりなんです。アラビア半島の先にあります。私は勝手にアフリカ大陸にあるとばかり思っていました....。無知だったですね。
d0025062_956048.jpg
d0025062_9565467.jpg↑民族舞踊もやっていました。太鼓の音が印象的。
←デザインがかわいい入り口。ここでは、おじさんがレンガ型の粘土(?)作りを実演。
船も作っています。ちょっと感動。そして、↓そこらへんにいたお兄さんと写真撮影。白い服が涼しそう。写真を撮ってもらうだけでなんかはずかしくって、話をしませんでしたが、たぶんオマーン人なのでしょう。とってもハンサムな彼。わたしはアフリカ人フェチ(っていうと語弊がありそうなんだけど、これまで会ったアフリカ出身の男性はおだやかで本当に素敵な人ばかり。今の仕事場でもアフリカ出身の男の子とは仲良しだし)なので、ちょっと話をすればよかったなーと今、後悔。あ、でも、オマーンはアフリカじゃなくて、中東だっ!!...今気づいた....。
d0025062_9582152.jpg
d0025062_101513.jpg次の日は、エア&スペース博物館へ。これ、本物の初期のころの宇宙服なんですって。説明には、「月の破片がついています」と書かれていました。野球した後のユニフォームみたいでしたが(爆)。この博物館は、大人気で混雑しているのですが、理科が苦手で、サイエンスフィクションにも興味のない私には、「ふーん、だからどうした」という感じ。やっぱり自然史博物館が一番おもしろい、と思ったのでした。d0025062_11505141.jpg

最終日は7月4日の独立記念日。夜には盛大な花火が上がるというのに、午後2時のバスに乗って帰る私たち....残念。でも、昼間はパレードをやっていて、お祭り気分を堪能しました。d0025062_11525044.jpg




国旗だらけで、水兵さんや兵隊さんたちが行進して、愛国心全開のパレード。↓こんな風に、大きな国旗を広げて歩くのも、さまになる人々。ニューヨークとは違ったアメリカの独立記念日がちょっと味わえてよかったです。花火はNYに帰って家の窓から見ました。e3ny.com
d0025062_11534697.jpg

[PR]
by e3ny | 2005-07-05 09:09 | 旅行-US Travel
<< 蟹スープ。 いちごのデザート。 >>