ビザの更新でちょっくら日本帰国。Part2
おそくなりましたが、日本帰国編の後半です。

ただきちに一日遅れて津のただきち実家へ。橋本から新横浜までは乗り越しそうになるほどぐっすり眠ってしまったのだけど、新横浜から名古屋までの新幹線では、駅弁を食べ、みっきーにもらった本「博士の愛した数式(小川洋子著)」を読む....すらすらっと読む(笑)。ああ、なんて日本語って簡単に読めるんだろう!と感動しながら。読みながら、「ええぃ、こんなに日本語の方がラクなら、英語の本なんて読むのやめてしまおぅっ!」と考えてしまったくらい。いやいや、英語と毎日格闘してこそ味わえる日本語の美しさ。ははは。

d0025062_115541100.jpgただきっちゃんのおうちはパン屋さんなので、朝がものすごく早いです。時差ぼけでいつもより早く起きた私たちよりも早い。せっかく早起きしたので、手伝わせて(邪魔させて?)もらいました。
←写真はすごおおおおおく興奮してる私。何をしているのかというと、食パンの型に生地を入れる作業です。慣れてないので、お母さんの倍くらいかかっている上に、「均等に入っていないのでは....」という心配大。...とほほ。
あと2日くらいお手伝いができたらもうちょっとはましにできると思ったのですが(と心から思い、次の日も早く起きて手伝うぞ、とひそかに考えていたのに、起きられなかっただめな私)。
↓これが焼きあがった食パン(すごくたくさん)。私が型に入れたのがどれだかわからなかったので、一応大丈夫だったみたい。いやいや、大丈夫じゃなきゃ困るってば!d0025062_1156491.jpgd0025062_11565690.jpg
d0025062_11571632.jpg ただきちの中学からの親友・ワル氏一家と巨峰狩りにも行きました。巨峰、甘くて粒が大きいの。2房食べたところで、口中があまあまになってしまいましたが、さらにもう一房食べちゃった(笑)。

そんでもって、↓午後はサッカー。でもワル氏いわく「ミニゲ(ーム)」。省略するのが懐かしい感じ(笑)。動いてなくてもむしむし暑い日だったので、もう大変。でも結構長い時間、続いていました。私は蚊にさされましたよー。

夜は飲み会。日本ぽさを満喫。最後に到着したえいめい氏の赤ちゃんもかわいいのなんのって。みーんな幸せそうで、なんかちょっとうらやましいなあ、と思っていたら、ただきちも同じように思っていた模様。だって、会った人みんな、本当に幸せそうだったもんねぇ。家族に小さい子供がいると、私たちとまったく別世界みたいだよね。
d0025062_11575028.jpgd0025062_1158224.jpg
とってもエンジョイしっぱなしの日本滞在でした。私は、日本でおいしいごはんばかり食べていたため、「よーし、ニューヨークでもおいしいごはんを食べようじゃないの!」と意気込んで料理しています。やっぱり和食が一番。しかもこの年にしてはじめてお味噌汁のおいしさを実感(ずっと好きじゃなかったのに)。おいしいなあと思うと、だしとか具にさらにいろいろ気をつかっちゃって、この変わりように自分で驚きです。ちなみに、私は「早く日本に帰ろうね」とただきにち言う回数がすごく増えている今日この頃。ゆき姐(兵藤ゆきさん)のコラムにも(私には子供はいないけど)共感しちゃう。ニューヨーク生活の中だるみなのかな。もうちょっと元気出さなきゃ。
[PR]
by e3ny | 2005-09-22 12:01 | 日本-Japan
<< バースデーパーティをしてもらっ... ビザの更新でちょっくら日本帰国... >>