Trip to National Parks: Day4-7(ヨセミテ国立公園)
やってきました、ヨセミテ国立公園!ここもセコイア国立公園と同じくらいの面積だそうです。いやあ、カリフォルニア州は大きいなぁ。関東地方全体分くらいが国立公園なんだから。

d0025062_11565657.jpgヨセミテは今回の旅行のメインの3泊です。何が特別かって、そりゃあもう、ホテルに泊まらずにテントに泊まることです。....あ、テントといっても、↓ 自分で組み立てるテントじゃありません。ベッドもあります。しかも4つも(残った2つのベッドはそれぞれの荷物置きになっていて便利でした;汗)。

でも、暖房もなしで、トイレとシャワーは共同(でもとってもきれい)で、1泊50ドル以下。カリービレッジ(Curry Villlage)、かなりグッドです。レストランはビュッフェ形式で、安くておいしいので、私は「ここにしばらくいたい」と思いました(笑)。
d0025062_1158448.jpg
ヨセミテビレッジとよばれる国立公園の中心地に、カリービレッジを含め、いくつも宿泊施設やキャンプサイトがあるのですが、大きなスーパーマーケットもあって、ちょっとした町になっています。夏はものすごい観光客がやってくるらしいのですが、10月でも結構にぎわっていました。なんとなく、尾瀬っぽいかな。尾瀬に陽気さとヒッピーさを追加した感じ。

ヨセミテのでの計画は、
1)とにかくハイキングをすること
2)熊に会うこと
の二つでした。まりのオフィスの方と彼の奥様と予定通り(?)出くわし、2日間4人で一緒に山登りをしました。
d0025062_1235471.jpg4日目の朝から、バーナルフォールとネバダフォールの2つの滝まで行くトレイルに挑戦。ちなみに、ここでやっと気がついたのです、トレイル=ハイキングコース、ではないことに!...はは。とにかく急な山登りなんです。しかも、岩だらけで、つまづかないように下を向いたままもくもくと歩きがち。

しかも、ただきちが先頭だったからか、ペースが早く、バーナル滝→ まで1.5時間ほどで着いてしまいました。ただきちは、すでにかなりへとへとの私のことを、「ミス・コレステロール」なんて呼ぶのですが(失礼な!コレステロール値は低いです!ただ体力がないだけよ!!)、やっぱり次のネバダ滝まで行かなきゃ、ということで、登山続行です。

そして、さらに2時間の山登り・岩登りの末、ようやくネバダ滝に到着!やったー。
d0025062_1245514.jpg
高所恐怖症の私には怖いくらい高い崖の上です。でも気分は爽快。滝につながる川も美しくて、「登ってよかった」感たっぷりでした。 ガイドブックによると、バーナル滝の往復は4.8km、所要時間3~4時間、ネバダ滝の往復は11km、所要時間5~7時間だそうです。
d0025062_1255190.jpg
下りは、別のルートを通ります。ジョン・ミューア・トレイルを一部通りました。ジョン・ミューアさんはナチュラリスト(自然保護推進家?)で、生前の功績をたたえて、この長距離自然歩道に名前が付けられたそうです。長距離というだけあって、ヨセミテ峡谷とマウント・ホイットニー(米国一高い山・4,418m)間の歩道は全長340km。歩くと1ヶ月かかるんですって!すごーい。

馬で山道を上るツアーもあるみたいです↑。なんかかっこいい。馬が通る道は、馬糞だらけで歩くのに困るくらいなのですが(笑)。山くだりは、上りよりはラクだとはいえ、これはこれで大変です。岩が多くて急なので、ぴょんぴょん飛び降りていたら、足首が痛くなっちゃいました。
d0025062_1275984.jpg
d0025062_1283317.jpg下山した後、こんどは、ヨセミテ渓谷名物のミラー・レイク(鏡湖)に行こうと歩いていると、前から来た人に、「ミラー・レイクは干上がっていて、からからよ」と言われてしまったので、あっさりギブアップ。

テントに戻って、車で夕焼けのハーフドームを見に行くことになりました。展望ポイントであるグレーシャーポイントは、カリービレッジの裏の崖の上だというのに、ものすごく高いので、そこまで行くためには、ぐねぐねした道を1時間強もドライブしないと到着しません。車に弱い私には辛いドライブでした。しかも、到着したら、すっかり真っ暗で寒いのなんのって。日が落ちるのは早く、すごく綺麗だと聞いていた夕焼けのハーフドームは見られずじまい。ざーんねん。

次の日は、ヨセミテフォール・トレイルに挑戦。まず、ヨセミテ滝の滝つぼへ。ヨセミテ滝は、739mで、世界で8番目に長い滝なんだそう(あの華厳の滝は97m)。そりゃすごい、と楽しみにしていたのですが、なんと、なんとなんと、夏から冬にかけては、滝の水がなくなってまうのです!それじゃ、世界第7位が意味ないじゃん!!「がびょーん」とがっかりするみんな↑と、↓からっからで全く水が落ちてこない滝...。
d0025062_1293557.jpg
というわけで、がっかりしながらも、ヨセミテフォール・トレイルを登ります。ほんとに急な上りで、ぜいぜい息があがりっぱなし。で、1.6km登ったところにあるコロンビア・ロック地点↓で休憩....で、ギブアップ。ただきちはまだ続けたかったみたいだけど。
d0025062_12272947.jpg
d0025062_121223100.jpg
← あ、角のある鹿だ~。かわいい~。

でも、なかなか熊には会えません。夜、テントで寝ていると、近くで熊を追い払うために大きな音を出している人たちと熊の声が聞こえるのですが、私たちのテントには来てくれなかったみたい(そのほうが寧ろラッキーなのはわかっているんだけど)。あ~、熊を見れずじまいに終わったらどうしよう(...って別にどうしようもないけど!)、と焦ります。
d0025062_12131631.jpg
→ これはレストランの熊。ここに着いた日から、写真を撮ろうか迷っていたのですが、「本物と写真がとれるかもしれないし!」と言って、この熊と写真をとるのは控えていたのですが(笑)、出発の前日に、「熊にはやっぱり会えなかったねぇ」と写真をとることに。
d0025062_1216174.jpg→ 普通のベッドに見えますが、中は寝袋。10月初旬でも夜は摂氏5度くらいまで気温が下がるので、これ以上寒かったら、ヒーター付きのテントの方がよさそう。

私は、「せっかくのテントなんだから、ヒーター付きなんて、邪道だわ!」と考え、ヒーターなしを選んだのですが、いやあ、零下にならなくてよかった。
d0025062_12205752.jpg
d0025062_12223882.jpg↑ テントの前、右側にあるのが、熊対策の入れ物。ここに、においのするものはすべて入れます。テントの中には、食べ物だけでなく、化粧品も歯磨き粉も置いちゃだめなのです。

ヨセミテ最後の日、朝ごはんの前に、これが最後のチャンス、とクマ探しに行きました。するとなんとクマ登場!← カメラだと遠すぎですが、茶色いクマ。「小熊が2匹、一緒にいるよ」と一緒にカメラを向けていた女性に言われたのですが、私には見つけられず。
d0025062_1224843.jpg
4日間滞在したヨセミテを後にして、今度はデスバレー国立公園へ向かいます。

→ これはヨセミテバレーを出て、タイオガロードを東に進む途中にある、テナヤレイク。水がとにかく透明。

このあとは、うってかわって暑い地域です。もうちょっと続きます。
[PR]
by e3ny | 2007-11-10 11:58 | 旅行-US Travel
<< 今、ニューヨークが好きな理由。 Trip to Nationa... >>