<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
イチロー:the best contact hitter
For Suzuki, Hits Keep On Coming

アメリカって広いなあ、と思うのは、たとえば標準時間がいくつもあったりする時。でも、ニューヨークでドジャースやマリナーズの試合が見られない時にも感じる。球団数が多くたって、ケーブルのチャンネルも多いんだから、普通に見られたっていいのに、と思うのだけど、そうはいかない。そんなわけで、ICHIROを見ることなんて、日本より断然少ない。

あんなにナイス・ルッキングなんだから、もっと全国的に有名になれば、実力もあるわけだし、CMとか宣伝に登場できそう、と期待するけど、残念ながら、ニューヨークではイチローの名前はなかなか聞かない。でも、この記事、すごい。イチローの本も書いているシアトルタイムズの記者が書いただけあって、褒めまくり。これを読んで、ICHIROに注目するニューヨーカーが増えるといいな。e3ny.com
[PR]
by e3ny | 2005-04-28 04:48 | ニュース-News
鮭ではなくサーモン。
d0025062_7514644.jpg今日のごはんはサーモン塩焼き。塩焼きは鮭でしょ、という感じですが、ここで買う鮭は、色がまさにサーモンピンクで、スモークサーモンみたい。しかも、ご覧のとおり薄切りではありません(日系食品店ではちゃんと薄切りが売られているけど)。これは売られている切り身を半分にしたもの。日本で言うサーモン・ステーキです。でも私はパターソテーよりも塩シャケの方が好きなので(笑)、無理やり塩をふって、オーブンで焼いちゃうのです。

あとは、オクラとわかめサラダとナスのお味噌汁。オクラはOkuraという名前でたいていどこでも売られています。味もねばねばも一緒(あたりまえか)。日本のに近いナスは、イタリアン・エッグプラント....ちょっと違うけど。でも、通常ここでエッグプラントというと巨大なナス(煮るにはアクが強すぎ)なので、ひょろっと細くて色もうすい紫色のイタリアン・エッグプラントが日本食には合います。茄子の味噌炒めとかは絶対これ。韓国系の八百屋さんには、ちゃんと日本の茄子も置いてあるけど、フレッシュじゃないことが多いのです。私の選び方が悪いのかな....。e3ny.com
[PR]
by e3ny | 2005-04-26 23:51 | 料理-Cooking
サウス・ストリート・シーポート
d0025062_8121141.jpgSouth Street Seaportは、ダウンタウン・フルトンストリートを東に川岸まで歩いたところにあるきれいなショッピングモール。素敵なレストランや、大きな船のミュージアムや、ストリート・パフォーマンスなんかも随所でみられ、のんびりできる場所です。フィッシュ・マーケットで有名で(行ったことはないのですが)、魚のにおいがぷんぷんします。

私の通っている大学のそばなのですが、パートタイムで通っている今は、たまーにしか行きません。アバクロ(Abercrombie & Fitch)に行くときとか、所属している合唱団がここでクリスマス・キャロルを歌うときとか。でもいつ行っても、なんかニューヨークぽくなくて、「ああ、このそばに住めたらいいのに」と思っちゃうところです。e3ny.com
[PR]
by e3ny | 2005-04-25 08:24 | NY生活-Life
ノリが良すぎるイタリア料理店
d0025062_717732.jpgMangia e Bevi
(800 9th Ave. 53rd St.の角)

すごく久しぶりにマンハッタンのイタリアンレストランへ行ってきました。オフィスの人々(6人)で行って、いろいろオーダーできたので、料理をかなり堪能。頼んだパスタ3種すべておいしかった。基本的に一皿の量が多いです。だから2人で前菜プラス2品を頼むと食べきれず、もったいないかも。この↓ピザもおいしそうでしょ?

d0025062_7173593.jpg大勢で行ったほうがよい理由のもう一つに、このレストランのノリの良さがあります。30分くらいに一度、突然、大音量のダンス音楽がかかり、お客さんがいすの上に立って、踊りだすのです。タンバリン付きで、さながらカラオケボックスのよう。
静かに食べたい人には不向きですが、料理はおいしいし、お店の雰囲気もかわいいので、また数人集まったときに行きたいです。e3ny.com
[PR]
by e3ny | 2005-04-22 23:14 | レストラン-Restaurants
まさに移動遊園地。
d0025062_11333184.jpg朝、最寄の駅まで歩いていると、ストリートフェアをやっていました。ストリートフェアはどこでもたいてい同じで心をひかれるお店は少ないのですが、これ→はちょっと驚き。遊園地のバイキングの小さいやつが、トラックの荷台に!

移動する遊園地ってあるけれど、これは究極。だって、そのまま移動しちゃえるんだもん!朝だったので、まだ乗っている子供はいませんでしたが、いったい何人まで乗れるのでしょう??10人くらいは乗れそうだけど....10人も乗って、ゆらゆら揺れても、トラックは大丈夫なのかなー。e3ny.com
[PR]
by e3ny | 2005-04-16 21:28 | NY生活-Life
日本から大量の食材。
d0025062_10492310.jpgただきっちゃんの実家から、いろいろなものが詰まったパッケージが届きました。ニューヨークの日系スーパーでも日本のものが買えるとはいえ、やはり品数は限られているので、箱の中のものをひとつ取り出す度に、「へえぇぇ、こんなものがあるんだー、わーすごい」とか、かなり興奮です。

ちなみに、まず最初にただきちが「いぇーい」と喜んだのは、破魔矢。....ニューヨークで破魔矢を持ってる人はそうそういないでしょうね。私がうれしかったのは、ほとんどすべて。乾物もつくだに類も、果ては崎陽軒のシュウマイまで、「うひひ、今日はどれを使おう♪」という感じです。
お弁当のごはんもいただいたつくだになどのお陰でゴージャス。へへ。うれしい。パッケージが届くというのは幸せです。私も贈り物しなきゃ。e3ny.com
[PR]
by e3ny | 2005-04-16 12:46 | NY生活-Life
ワシントンDCはクリーン。
d0025062_5125026.jpgニューヨークから結構近いのにまだ一度もいったことのなかったワシントンDCへ行って来ました。マンハッタンのチャイナタウンからDCのチャイナタウンまで、バスで片道4時間(お値段はなんと往復35ドル!)。

まず驚いたのは、街がきれいだということ。ニューヨークは確かにきたないし、くさいけど(笑)、DCは日本並みにクリーン。サブウェイもしっかりしていて、近代的で、首都の威厳を感じます。サブウェイはちゃんと、次の電車とその次の電車が何分後に着くか、という表示つき。どうしょもなく信頼のおけないニューヨークのサブウェイとは大違い。どうして同じ国でこうも違うのかしら。

ただきちには「エキサイティングさ」が足りないようでしたが、私は「ここに住みたい!」を連発。ものすごく観光客が多いのですが、住人もみんな親切で、せかせかしていなくて、お店のサービスもつっけんどんじゃなくて、何から何まで好印象。
d0025062_91289.jpg
d0025062_2222678.jpg↑左はUS キャピトル(連邦議会議事堂)。右はワシントン・モニュメント。たった1泊で、しかも片道4時間の旅だったので、両方とも目の前にはいけませんでした。歩かなきゃいけないので、時間は飛ぶように過ぎていくのです。せめて2泊はしなきゃ。
で、→これがホワイトハウス....の裏玄関。ここも、朝から並べば中を見学するチケットがもらえるらしいのですが。ああ、残念。ぜったいまた来よう。
じゃあ、いったい何をしてたかというと、自然史博物館で恐竜やら人の歴史や、そしてそして↓このすごい宝石を観てたのです。あとは、郵便博物館やアメリカ歴史博物館をふらふら。DCはこういうところがすべて無料なのがすごい。
d0025062_973880.jpg
ワシントンDCは日本から送られた桜が有名で、しかも、桜祭りもやっているというのに、なんと、ポトマック川の桜名所も行けなかったのです。なにをしに行ったんだー(爆)。
でもでも、リフレッシュできた週末でした。さすが首都。
[PR]
by e3ny | 2005-04-03 05:11 | 旅行-US Travel
ミレニアム・エコシステム・アセスメント
What on Earth are we doing to our planet?

各紙(日本の新聞は調べていませんが)にMillennium Ecosystem Assessmentの調査結果に関する記事が載っています。このMillennium Ecosystem Assessmentは、国連のアナン事務総長が2001年に立ち上げた、生態系を調査するプログラムだそうです。

調査結果によると、哺乳類、鳥類、両生類の10~30%がすでに絶滅の危機にあるそうです。” bushmeat trade in Africa”とありますが、このまえ、ディスカバリー・チャンネルでこれをテーマにしたプログラムを見たのですが、本当にゴリラとかチンパンジーをマーケットで売っているのです。また、米国の団体が森林伐採によって住むところを失ったサルの保護活動をする様子が撮られていたのですが、ちょっとむなしかったです。その団体が一部を保護する間にも、縄張りを追われて死んでいくサルたちがいるのだから。

この調査結果の声明にあるように、政府、企業、地域社会の協力で自然を破壊しない努力を行わなきゃならないのだろうけど、急速に進む生態系の崩壊を防ぐのは並大抵の取り組みでは難しそうな上に、政府も企業も経済を優先する団体なので、それを超える、世界的な取り組みが必要なのではないかと思います。たとえばUNが先導して先進国でも途上国でも共通の環境対策をやることで、世界中の人が取り組めば、かなりの変化が生まれそうな気がします。http://www.e3ny.com
[PR]
by e3ny | 2005-04-02 11:49 | ニュース-News